日本語の授業では、特に話すことと書くことに力を入れています。また、日本語のみならず、挨拶や掃除、朝礼や計算テストや報連相(報告・連絡・相談)の練習まで毎日毎日繰り返します。

合計900時間以上におよぶ当社での教育

採用面接を合格し内定者となると、当校で勉強漬けの日々を送る事になります。

毎週月曜から金曜日の朝8時半から午後4時半まで、日本語のみならず、挨拶や掃除、朝礼や計算テストや報連相(報告・連絡・相談)の練習まで毎日毎日繰り返します。

「使える日本語」重視の日本語教育

日本語の授業では、特に話すことと書くことに力を入れています。月曜日を「会話の日」と名付け、会話の授業に特化しています。また、N4クラス以上になると、当社名物の「日記」が始まります。口頭でも文章でも、仕事の報告ができるレベルを目指しています。

book

授業は続くよ入国まで

入国までの期間は企業や職種など諸条件で変わりますが、当校での実習生の教育期間は、何か月でも入国する直前まで続きます。「教育は修了したが日本語は忘れてしまった」ということがないように、また、日本へ行ってもそのまま継続できるようにとの配慮です。

最後は修了式で盛り上がる

入国が近づき、最後の授業を終えると、修了式が執り行われます。校長先生をはじめ教師や生徒たちが一丸となって、この日のために歌やメッセージなどに趣向を凝らした演出が繰り広げられます。涙と笑顔、思い出と抱負が交叉する時間です。

関連記事

ヤンゴン最大級の都市型実習生トレーニングセンター

ミャンマーの最大都市ヤンゴンにある当校には、常時200人以上もの生徒が勉強しています。でも殆どがヤンゴン出身ではなく、ミャンマー全国から「日本で技能実習がしたい」と集まってきた志の高い若者です。

さらに読む…


日本人の感覚を大切にした教育内容

我々日本人に置き換えると、学校で勉強する程度の英語だと、なかなか生活の中で使うのは難しいです。それと同様に、学校で「勉強」として習っている程度の日本語では、使えるようにはなりません。だから開校以来少人数教育にもこだわってきました。

さらに読む…


企業に合わせたカスタマイズプログラム
企業トレーニング掃除

朝礼でラジオ体操や社訓、経営理念唱和などを行う企業も多いですが、事前に資料を頂いて、ミャンマーで毎日行う事も可能です。だから配属されたその日から、写真の皆さんと一緒に朝礼に参加することができます。

さらに読む…


大きな学校の少人数教育だからできることがいっぱい
授業の様子

私たちは日本語学校ではありません。「日本で働くための学校」です。だから画一的な内容でなく、企業や業種別の教育ができるような体制を作っています。

さらに読む…