エイジアンユニティは教育のみならず、受け入れ企業の事を考えた準備とアフターフォローの体制を整えています。送り出し機関だから日本へ送ったら終わり、ではなく、実習生たちが採用される前から帰国するまでしっかりフォロー致します。

実習生が不安にならないために

日本へ行くことが決まった実習生たちは、まず私たちとSNSでつながり、いつでも連絡が取れるようにしています。「元気にしてる?」「仕事頑張っている?」などのやり取りのほかにも企業や同僚に言えないことも相談に乗ったりしています。卒業してからも付き合いが深まることもよくあります。

企業へのフィードバックも

実習生たちとの連絡の中で、気になることは企業や受け入れの監理団体へフィードバックすることもあります。また、日本事務所スタッフが実習先を訪問し情報交換したり、ミャンマー語通訳が必要な際にはかけつけたりと、離れていても常に多角的に企業に寄り添いながら実習生の様子を報告できる体制にしています。

関連記事

採用前から日本語やキャリアプラン指導開始
school

私達は採用前から教育を行い、毎日接することで人柄を把握し、本当に企業に推薦できる人だけに面接の機会を与えています。

さらに読む…


日本でもフォローアップ体制構築
日本スタッフ

日本にもミャンマー人スタッフが常駐し、監理団体や企業と常に連絡を取りあったり、実習生との密なやりとりもできるようにしています。

さらに読む…


常に進化する教育体制・学校体制

教育内容やレベルは日々進化しています。教師のための教育や企業に合わせたプログラムの開発、現在の内容の見直しなどを常に行っています。

さらに読む…