ミャンマー・アメリカ間の投資と貿易関係

2014年10月10日

58.asian-meeting

アメリカから一番少なく投資されている国の中にミャンマーも含まれている。。。

現状では、アメリカはアジアの10カ国に投資をしていますが、一番少なく投資されている国の中に
ミャンマーもまだ含まれていると発表されました。
(http://www.mizzimaburmese.com/2013-10-20-16-07-17/item/27024-2014-09-03-05-56-57)

★アジアでは、アメリカから投資されている国の中にシンガポールが2290億ドル以上で
50%以上を占めています。。。

★アジアの10カ国に対し、アメリカからの投資は450億ドルになります。
ラオスは0.4%、ミャンマーは0.8%、カンボジアは1%を占めているため、
ミャンマーは2番目に少ない投資国になります。

★ミャンマーにアメリカから19社が投資しております。主に、電子企業、
食物企業、サービス企業などです。

★2013年からミャンマーの貿易ルール変更などが行われたため、アメリカからの投資がだんだん
上がってきました。輸出額は1億4500万ドル以上で輸入は3000万ドル以上に増えてきました。

アメリカとの貿易で特別なチャンスがもらえるよう、ミャンマーはとても期待しております。
今でも投資されている率が上がっているため、アメリカ側も、ミャンマーのことを
注目しており、お互いに貿易がどんどん発展していくようにと考えていると思われます。

Thazin