私達は採用前から教育を行い、毎日接することで人柄を把握し、本当に企業に推薦できる人だけに面接の機会を与えています。

技能実習生送り出しまでの流れと特徴

採用までの流れ

採用前から人柄把握、日本語やキャリアプラン指導

teacher

ミャンマーにある多くの送出し機関では、日本企業からの求人票に基づいて新聞広告などで面接直前に「人数」を集めます。だから応募者の性格などを把握せず、企業側との面接に臨む場合が多くあるのが事実です。

私達は採用前から教育を行い、毎日接することで人柄を把握し、本当に企業に推薦できる人だけに面接の機会を与えています。

また、採用前の教育では、「なぜ日本に行き働くのか」「帰国したらどんな夢が描けるのか」を認識させ、仕事に対する高い意識を持つことを考えさせています。

関連記事

日本でもフォローアップ体制構築
日本スタッフ

日本にもミャンマー人スタッフが常駐し、監理団体や企業と常に連絡を取りあったり、実習生との密なやりとりもできるようにしています。

さらに読む…


常に進化する教育体制・学校体制
feature

教育内容やレベルは日々進化しています。教師のための教育や企業に合わせたプログラムの開発、現在の内容の見直しなどを常に行っています。

さらに読む…